姫路

  • 印刷
園児らが手掛けたてるてる坊主が地下通路を彩る=姫路市駅前町
拡大
園児らが手掛けたてるてる坊主が地下通路を彩る=姫路市駅前町

 近畿地方の梅雨入りが発表された6日、兵庫県のJR姫路駅前の姫路駅北にぎわい交流広場中央地下通路では、てるてる坊主約千個をつるす催しが始まった。播磨の夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(22~24日)の成功を願って、市内の幼稚園や保育園などの園児らが作製した。26日まで。

 同広場を運営する一般社団法人「ひとネットワークひめじ」と市が企画。会場にはフェルトペンで表情付けされたてるてる坊主がずらり。園ごとに染色を施したり、カラーフィルムを使ったりと工夫を凝らした。

 「あめがふりませんように」「チョコがたべたい」など願いを書いた短冊を付けたものもあり、通行人が足を止めてほほ笑んでいた。安室東小1年の男児(6)は「こんなにたくさんのてるてる坊主を見たのは初めて」と話していた。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ