姫路

  • 印刷
カンボジアに贈るTシャツの寄付を呼び掛ける岩田豪さん=姫路市内
拡大
カンボジアに贈るTシャツの寄付を呼び掛ける岩田豪さん=姫路市内

 箱根駅伝などで活躍し、兵庫県姫路市や神戸市で教室を開くランニング指導者の岩田豪さん(38)=同県高砂市=が、着られることがないマラソン大会参加賞のTシャツを集めてカンボジアの貧しい子どもに贈る活動に取り組んでいる。昨年は県内外から200枚を集め、ケニアの子どもたちに贈った。「走ることを通して支援を」とTシャツの寄付を呼び掛けている。

 岩田さんは西脇工業高、東洋大卒。箱根駅伝ではアンカーの10区で区間最多の5人抜き記録を達成した。実業団選手として活躍後、指導者に転身し、教室や大会を開いてきた。

 活動は「キミのためにできること。」(神戸新聞社後援)と題したプロジェクト。スタートした2017年は、実業団時代の仲間の母国で、陸上長距離界で優秀な選手も多い身近な国としてケニアを対象に、ランナーが「着ないことが多い」という参加賞Tシャツを募った。

 今年は、お笑いタレントの猫ひろしさんが国籍を取得してリオデジャネイロ五輪(16年)に出場するなど、日本人に親しみもあるカンボジアに贈り先を変更。支援に取り組む衣料品リサイクル会社「Kurokawa」(高砂市)や現地のNGOと協力し、今秋、岩田さんが同国へ赴き、子どもに渡すという。

 今後、現地の子どもに走る楽しさを伝えたり、交流イベントを催したりすることも計画中だという岩田さん。「さまざまな方法で支援を続けたい」と話す。

 募っているのは大会の参加賞の未使用か未使用に近いTシャツ。寄付1枚につき500円(送料など)が合わせて必要。専用ホームページから申し込めば、宛先を記した配送伝票と振込用紙が届く。7月末締め切り。活動への協力企業・団体も募集中。(宮本万里子)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 50%

  • 21℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ