姫路

  • 印刷
子どもゆかたパレードの先頭に立つ姫路お城の女王の3人=姫路市西二階町(撮影・小林良多)
拡大
子どもゆかたパレードの先頭に立つ姫路お城の女王の3人=姫路市西二階町(撮影・小林良多)
露店が並ぶ街をそぞろ歩く子どもゆかたパレードの参加者=22日午後、姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
露店が並ぶ街をそぞろ歩く子どもゆかたパレードの参加者=22日午後、姫路市本町(撮影・小林良多)

 22日夕、兵庫県姫路市塩町の城南公園を中心に開幕した姫路の初夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」。オープニングセレモニーでは、あでやかな浴衣姿の子どもたちや女性が集合した。24日までの3日間、市中心部の商店街や通りには露店が立ち並び、市民らの浴衣が街を彩る。

 同公園の特設ステージでは、セレモニーの後、有志によるバンド演奏やよさこい踊り、和太鼓演奏などが繰り広げられた。姫路の魅力をPRする「姫路お城の女王」の3人も浴衣で登場し、会場を盛り上げた。

 西二階町商店街のアーケードには、地元の園児や小中学生らが作った200以上の灯籠が飾られ、祭りの雰囲気を演出。金魚すくいやくじ引きなど昔ながらの露店も並び、親子連れがゲームに熱中した。

 家族や親戚と訪れた男児(4)=同市=は金魚すくいに挑戦し、「難しかったけど楽しかった」と笑顔を見せた。祭り期間中は浴衣姿で訪れると、姫路城や好古園、動物園など周辺の観光施設が入場無料になる。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ