姫路

  • 印刷
手延製法を体験する来場者=姫路市駅前町
拡大
手延製法を体験する来場者=姫路市駅前町

 7日の「そうめんの日」を前に、手延べそうめん「揖保乃糸」をPRする無料試食会が2日、JR姫路駅北側の中央地下通路で始まった。トマトそうめんなど約10種類の夏らしい食べ方を紹介するほか、麺を太づくりした珍しいそうめんの販売もある。8日まで。

 兵庫県手延素麺協同組合(たつの市)が主催し、今年で5回目。同組合によると、平安時代の宮中で、無病息災を願って七夕にそうめんを食べる風習があったことから、そうめんの日が制定されたという。

 会場では、ネギとシイタケで食べる定番のほか、揖保乃糸の手延製法で作った中華麺やパスタも試食できる。小麦の外皮部分を焙煎して作る「ブランそうめん」は食物繊維やビタミンB1など栄養価が豊富。そばのような食感がおいしい「全粒粉そうめん」と共に健康食品として会場で販売する。

 姫路市の女性(66)は「トマトソースで食べるのは面白い。いろいろな食べ方を試してみたい」と話した。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 25℃
  • 20%

  • 37℃
  • 28℃
  • 20%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ