姫路

  • 印刷
自転車の交通事故を再現するスタントマン=姫路市大津区天満
拡大
自転車の交通事故を再現するスタントマン=姫路市大津区天満

 兵庫県姫路市大津区天満の姫路南高校で9日、プロのスタントマンが交通事故を再現し、事故の怖さを伝える授業があった。1年生240人が事故の衝撃を目の当たりにし、交通ルールを守ることの大切さを学んだ。

 授業は県と網干署が企画した。同署によると、管内で今年5月末までに発生した交通事故は262件で、その約4分の1は自転車関係だったという。

 スタントマンは、携帯電話を操作したり、傘を差したりしながら運転する自転車同士が衝突する事故や、見通しの悪い交差点で一時停止を怠ったために起きた事故などを生徒らの目の前で実演した。

 参加した生徒2人(15)は「衝突音や迫力がすごくて事故の怖さが伝わった。基本的なルールを守り、自分だけじゃなく周りの人の安全も考えたい」と話した。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ