姫路

  • 印刷
神輿の修復作業開始を告げる「鑿入れ祭」=姫路市白浜町
拡大
神輿の修復作業開始を告げる「鑿入れ祭」=姫路市白浜町

 10月14、15日の「灘のけんか祭り」に向け、昨年の祭りで壊れた神輿の修復作業を始める「鑿入れ祭」が1日、兵庫県姫路市白浜町の松原八幡神社であった。今年の運営を担う「年番」妻鹿地区の氏子約200人が集まり、祭りシーズンの到来を告げる槌音が境内に響いた。(伊田雄馬)

 けんか祭りは同神社の秋季例大祭の通称。3基の神輿は本宮の「神輿合わせ」で、年番の地区の氏子が激しくぶつけ合わせる。激しいほど神意にかなうとされ、屋根や壁など傷んだ箇所を毎年、この時期に修繕する。旧灘七カ村が持ち回りで担当する。

 午前9時すぎ、妻鹿地区のシンボルカラーである朱色のはちまきを巻いた氏子によって、「一の丸」「二の丸」「三の丸」と呼ばれる3基の神輿が拝殿に据えられた。

 亀山節夫宮司による祝詞奏上に続き、神輿の寸法を測る「丈量の儀」、真新しいヒノキの角材にのみを入れる「鑿立の儀」が執り行われ、氏子らはこうべを垂れて祭りの成功を祈願した。同地区の役員らは昇殿し、玉串をささげた。

 同地区の篠原大典総代(77)は「いよいよ祭りの準備作業に拍車が掛かる。7年に1度の機会、大変だが喜びに変えてほしい」と氏子らに呼び掛けた。

 祭礼を終えた神輿は早速氏子らの手で担ぎ出され、同地区へ向かった。神輿は今月下旬に修復が完了し、豪華絢爛な姿となって10月1日の「奉据祭」でお披露目される予定。

姫路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ