姫路

  • 印刷
台風21号の後、前年同月比で外国人の入城者数が半減している姫路城=姫路市本町
拡大
台風21号の後、前年同月比で外国人の入城者数が半減している姫路城=姫路市本町

 台風21号で関西空港が被災し、全面復旧に時間を要する中、世界文化遺産・姫路城(兵庫県)の外国人入城者が半減している。姫路城管理事務所によると、2017年9月は1日平均915人が訪れていたところ、今年は台風21号が過ぎた9月5日以降は1日約450人に落ち込む。キャンセルが相次ぐ宿泊施設では「早く復旧してほしい」と切実な声が上がる。

 JR姫路駅前のホテルモントレ姫路(同市駅前町、274室)では台風が近づいた3日から6日にかけて、計240室の宿泊が取りやめになった。関空が機能不全に陥り、台湾などの団体客百数十人がキャンセルした。

 12日以降の団体予約も、多くは関空経由の来日を想定しており、便が運航されなければ、直前に大口キャンセルとなる可能性も。同ホテルは「どれだけ影響が出るか分からない」と気をもむ。

 個人客も減っている。姫路城東側のシロノシタゲストハウス(同市国府寺町)では中国人から宿泊中止を告げる連絡が続いた。「欧州の旅行者は長期休暇で羽田空港へ来ることが多いが、アジアの人は1週間以内の短期旅行が多く、関空が使えない影響は大きい」と話す。

 ようやく暑さがやわらいだにも関わらず、姫路城周辺の人通りは寂しい。城の前にある土産物店「垣内商店」(同市本町)に勤める男性(42)は「平日のお客さんの8割は外国人観光客。西日本豪雨、記録的酷暑と天災が続くのは手痛い」と嘆く。大災害の後は自粛ムードで国内観光客も減るといい、「こういう時こそ、旅行に来てほしい」と願いを込めた。(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ