姫路

  • 印刷
自由通路に置かれた看板や棚などを撤去する作業員ら=姫路市南駅前町
拡大
自由通路に置かれた看板や棚などを撤去する作業員ら=姫路市南駅前町

 JR姫路駅(兵庫県姫路市)東側自由通路の不動産会社「とく也不動産」店舗跡前に放置され、通行の妨げになっていた看板や棚、コンクリートブロックなどが19日、全て撤去された。JR西日本が求めた仮処分の決定に基づく措置で、神戸地裁姫路支部が強制執行した。これにより、通路は元の広々とした姿に戻った。

 同不動産は今年3月ごろから、自由通路や歩道にパイロンなどを置き、通行を妨害していた。6月、JR西を誹謗中傷する内容の看板を設置したとして、姫路署が名誉毀損の疑いで捜索し、証拠品として妨害物を押収。7月には、建物の明け渡しを求めたJR西子会社の二審勝訴により、同支部が明け渡しを強制執行した。

 この日は午後1時に執行官が強制執行に着手。放置されていた看板やガラス扉などを撤去し、約2時間半かけてトラック4台分を運び出した。よく通行するという主婦(38)は「見通しが悪く、自転車と接触しそうになったことがあって怖かった。これで安心して通れそう」と話していた。

姫路の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ