姫路

  • 印刷
兵庫県産食材にこだわった12品を盛り付けた130周年の記念弁当
拡大
兵庫県産食材にこだわった12品を盛り付けた130周年の記念弁当

 JR姫路駅名物の「えきそば」で知られるまねき食品(兵庫県姫路市)が20日、創業130周年にちなんだ記念弁当を発売した。播磨を中心に兵庫県産食材にこだわった12品を詰め合わせ、パッケージには同市の版画家、岩田健三郎さんが制作した版画をプリント。同駅構内の3店舗と味三昧駅前本店(同市駅前町)で購入できる。

 1888年の創業で翌89年に全国で初めて「幕の内駅弁」を販売した。今回の記念弁当には、姫路産レンコンの磯辺揚げや、安富町産ユズのマーマレードをあえたサツマイモ、刻みアナゴを乗せたえきそばのだしご飯など、地元産食材をふんだんに使った料理を盛り付けた。

 岩田さんの版画は姫路城を背景に、播州を象徴する秋祭り屋台が並ぶにぎやかなデザイン。同社からの感謝のメッセージも添えられている。版画のみ取り外して保管することも可能。

 税込み1300円。販売は来春頃までを予定している。まねき食品本社受注センターTEL0120・240・251

(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 24℃
  • 8℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ