姫路

  • 印刷
地元開催の陸上全国大会に向けて気合が入る県立姫路聴覚特別支援学校高等部の生徒=姫路市本町
地元開催の陸上全国大会に向けて気合が入る県立姫路聴覚特別支援学校高等部の生徒=姫路市本町

 聴覚障害のある高等部の生徒が集う「全国聾学校陸上競技大会」が13、14日、ウインク陸上競技場(兵庫県姫路市中地)で開かれる。地元の県立姫路聴覚特別支援学校(同市本町)からは12人が出場登録。晴れ舞台を前に練習に余念がない。

 全国聾学校体育連盟の主催で55回目。本大会には全国各地から43校、選手229人がエントリーしている。聾学校高等部本科の在籍が3年以内で15~18歳(今年4月2日現在)の生徒が対象の1部と、専攻科在籍の生徒などで競う2部があり、それぞれ男女別で種目ごとに競う。1部はリレー種目や学校対抗もある。

姫路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 24℃
  • 8℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ