姫路

  • 印刷
体験を振り返る(左から)今泉さん、大野さん、久保さん、田中教頭=姫路市本町、姫路北高校
体験を振り返る(左から)今泉さん、大野さん、久保さん、田中教頭=姫路市本町、姫路北高校

 夜間定時制の姫路北高校(兵庫県姫路市本町)の1~3年生25人が9月19~22日、発生から2年半となった熊本地震の被災地でボランティア活動をした。全半壊約1300棟、死者9人の被害を受けた熊本県西原村で、被災した農家の収穫の手伝いや仮設住宅周辺の清掃を体験。生徒らは「復旧は進んでいたけど、被災直後からの苦労が続いていると感じた」などと振り返った。

 同校は2017年から、熊本地震の被災地でボランティア活動を行い、今回が2回目。生徒らはバスで約10時間かけて移動した。初日の夜、宿泊先の施設で西原村議の堀田直孝さんから、被災当時について話を聞いた。

姫路の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ