姫路

  • 印刷
境内で披露された屋台7台の練り合わせ=姫路市的形町的形(撮影・小林良多)
拡大
境内で披露された屋台7台の練り合わせ=姫路市的形町的形(撮影・小林良多)

 兵庫県姫路市的形町的形の湊神社で13日、秋季例大祭の宵宮が行われた。町内の屋台全7台が境内で激しい練り合わせを披露する「7台練り」も繰り広げられ、境内は熱気にあふれた。

 同神社は同町的形の11地区を氏子とし、同町福泊の福泊地区を合わせて7台の屋台が毎年宮入りする。この日は朝から各地区で町練りを行い、北山河、南山河、大鳥、苅屋(仮屋)、児嶋(小島)、地、福泊の順に鳥居をくぐった。

 きらびやかに飾り付けられた地域の宝を見せつけるかのように、男衆は屋台を次々と差し上げた。午後5時半ごろからは、7台練りに突入。例年は本宮でのみ行われるが、祭りの見せ場を増やそうと、今年は宵宮でも迫力ある練り合わせが繰り広げられた。ライバルに負けじと根気強く担ぎ続ける男衆の姿に、詰め掛けた住民らから歓声が上がった。

 児嶋地区の屋台を担いだ会社員(25)は「この2日間は大人が子どもに戻れる日。力を合わせ、他地区に負けない屋台練りをしたい」と話した。

 14日の本宮では、山陽電鉄的形駅北側の広場で7台練りなどが行われる。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ