姫路

  • 印刷
校庭に現れたハナタカと遊ぶ児童=姫路市安富町杤原
拡大
校庭に現れたハナタカと遊ぶ児童=姫路市安富町杤原

 今年も秋祭りの季節。安富北小学校(兵庫県姫路市安富町杤原)に、天狗の面をまとった神の使い「ハナタカ」が獅子舞を引き連れて現れた。木と竹の棒でできた楽器で軽くたたかれたり、おどかされたりした児童は当初おののきながらも、最後はすっかり仲良くなった。

 ハナタカ(鼻高)は安志加茂神社(同町安志)の秋祭り前に、同町内の小学校などに現れる。同校では昨年、恐怖で号泣する子が続出したといい、児童は朝から落ち着かない様子。3年生の女児(9)は「怖くないで!」と気丈に言い放ったが、山下重美先生は「去年は大泣きでした」と明かす。

 1・2年生では緊張からか、給食がのどを通らず、いつもより多めに残す児童が続出。ハナタカが登場する予定のお昼前後には、給食の配送センター職員の姿にもおびえていた。

 午後1時、校庭の通用門近くにシルバーのワゴン車が停車。車からは獅子舞とハナタカが現れ、児童はパニック状態に陥った。号泣する低学年の女子児童。高学年の男子が不安を隠しながら「サッカーしよう!」とハナタカに呼び掛けると意外にも応じてくれ、緊張は一気にほぐれた。

 一転、人気者になったハナタカ。最後は校舎に隠れていた児童も集まり、全員で記念写真を撮影。児童は笑顔でピースサインした。3年生の女児(9)はノートの切れ端に「はなたか♡」とサインを書いてもらってご機嫌。「来年も来てほしい」と話した。(伊田雄馬)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ