姫路

  • 印刷
初公演への思いを語る陽介さん=姫路市内
拡大
初公演への思いを語る陽介さん=姫路市内

 有名和太鼓グループ「鼓童」の中心メンバーとして活躍し、現在は姫路市夢前町を拠点にソロ活動に取り組む陽介さん(38)が11月4日、同市の書写山円教寺で、しの笛、唄、演舞を取り入れた新作舞台を披露する。陽介さんが単独の舞台を姫路で開くのは初めてで、これを皮切りに世界公演も視野に入れているという。

 舞台名は仏教用語で最も深い部分にある意識を指す「阿羅耶識」。元鼓動の仲間をサポートメンバーに迎え、80分の演出に挑戦する。陽介さんは「作品を通して少しでも聞いた人の潜在意識に訴えかけるものがあれば」と話す。

 世界30カ国で公演し、十数年活動した鼓童を退団したのが昨秋。姫路に移住し、「芸術や文化、祭り、そして多くの人に刺激を受けた」と振り返る。初演に姫路を選んだ理由を「国内外で公演し、姫路の魅力を知らせたい。そのためには姫路で生まれた舞台であるという背景が重要になる」と説明する。

 公演は午後4時半から。観覧は無料だが、入山料500円が必要。小雨決行(荒天中止)。阿羅耶識公演実行委員会事務局TEL080・5519・1380(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ