姫路

  • 印刷
西日本豪雨被災地の調査でドローンを飛ばす旭テクノロジーの社員(右下)=広島市安芸区(旭テクノロジー提供)
西日本豪雨被災地の調査でドローンを飛ばす旭テクノロジーの社員(右下)=広島市安芸区(旭テクノロジー提供)

 7月の西日本豪雨で土砂崩れが起きた広島市安芸区での被災調査に、ドローン(小型無人機)の防災面での活用に取り組む「旭テクノロジー」(兵庫県姫路市岡町)が参加した。低空で高解像度の撮影ができる利点を生かし、災害現場の被害把握に可能性を示した。同社は今後、行政や消防などでのドローンの普及を進める。

 太陽光などのエネルギー事業を担う同社は、昨年からドローンの操縦を学ぶスクールを運営し、事業者に活用を提案してきた。調査は日本防災教育振興中央会、ドローン普及を進める「ドローンシティ協会」、広島工業大学と連携して実施。土砂崩れで死者も出た同区矢野東の住宅地裏山にドローンを飛ばし、山の斜面を細かく空撮した。

姫路の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ