姫路

  • 印刷
花嫁行列をつくって安養寺へと歩く白無垢(むく)の新婦・真智子さんや稚児ら=姫路市別所町別所
拡大
花嫁行列をつくって安養寺へと歩く白無垢(むく)の新婦・真智子さんや稚児ら=姫路市別所町別所

 兵庫県姫路市別所町別所の曹洞宗安養寺で4日、仏前結婚式があり、今では珍しい花嫁行列などで夫婦の門出を祝った。新郎は4年前に同寺を引き継いだ羽賀孝行住職(37)=京都府舞鶴市出身。「地域で祝っていただいたことが本当にありがたい」と礼を述べた。

 午前9時半、寺総代や稚児役の子どもたちの先導で、孝行さんの妻(39)=高砂市出身=や親族ら約20人が、同寺近くの実際寺を出発した。大勢の住民が華やかな花嫁行列を一目見ようと沿道に並び、「おめでとう」「きれいやね」などと口々に祝福。安養寺に到着すると、約130人の住民が見守る中、式を取り仕切る「式師」の僧侶が幸福を祈願する数珠を授与し、両家で固めの杯を交わした。

 孝行さんは京都や福井の寺で修行した後、長く住職が不在だった安養寺へ14年に赴任。以来、境内の整備や座禅会、コンサート開催などに取り組み、住民とも積極的に交流してきた。同寺総代の長谷川真道さん(72)は「頑張って寺を再興してくれた。今度は地域で2人を支えたい」と話す。

 式を終えた羽賀さん夫婦は「地域に溶け込み、皆さんの幸せにつながるような寺にしていきたい」と声をそろえた。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ