姫路

  • 印刷
福田ひかるさんが「カフェラウンジ」の新設を計画する座敷スペース=姫路市二階町
拡大
福田ひかるさんが「カフェラウンジ」の新設を計画する座敷スペース=姫路市二階町

 兵庫県姫路市の二階町商店街で着物のレンタルやゲストハウス運営などを行う福田ひかるさん(56)が、観光客に昔ながらの座敷で日本文化の体験や滞在をしてもらうカフェラウンジの計画を進めている。「城下町100%体験」と銘打ち、11月末までクラウドファンディングで資金協力を募る。来年2月までの開設を目指している。

 福田さんは1階で着物の販売や着付けレンタルをする店を経営しながら、2階で小規模なゲストハウスを切り盛りする。近年、姫路城目当ての外国人観光客が増加する一方、多くが日帰りで姫路の魅力を知らずに帰ってしまう状況が気になっていた。

 そこで目を付けたのは、大きな木の梁や漆喰の白壁が特徴の、築70年の店舗建物。ちょうど30平方メートルほどの座敷スペースが空いており、収集していた甲冑や階段だんすを並べたところ、物珍しさから外国人客が「ラウンジ」と呼んで休憩することもあった。

 「お茶を出して人が集まる空間にすれば、多くの人に古民家の素晴らしさを知ってもらえるのでは」。座敷を開放し、カフェや体験スペースとして利用してもらうことを思い付いた。

 10月中旬から、キッチンの取り付けなどにかかる55万円を目標にクラウドファンディングを開始。協力者には金額に応じ、ゲストハウスの宿泊や各種体験を楽しめる「城下町体験チケット」などを用意する。

 元々行っていた着物の着付けや古着を使った傘作りに加え、茶道や生け花などの体験の場としても開放していくつもりだ。福田さんは「連泊すれば必ずその町が好きになる。姫路で楽しめる体験を提供し、滞在型観光に貢献したい」と話す。クラウドファンディングページ(https://readyfor.jp/projects/himeji‐koyado‐utakata)

(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ