姫路

  • 印刷
白装束をまとい、神輿を引く氏子ら=姫路市総社本町
白装束をまとい、神輿を引く氏子ら=姫路市総社本町

 平安時代に播磨国の神を合祀したとされる日を記念して行われる播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「霜月大祭」が16日、最終日を迎えた。白丁と呼ばれる白装束をまとった氏子らが大神輿を引いて地域を巡行し、秋祭りの最後を飾った。

 祭りは13日、氏子らが身を清める「潮かきの儀」で開幕し、4日間にわたり和太鼓の演奏や能楽会が催された。大神輿の巡行は担ぎ手不足で長く中断していたが、2014年に復活。6地区の氏子が順に「練り番」を務め、今年は城東地区の氏子が60年ぶりとなる大役を果たした。

姫路の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ