姫路

  • 印刷
山田幸夫さん(左)に手話を習う参加者=姫路市五軒邸4
拡大
山田幸夫さん(左)に手話を習う参加者=姫路市五軒邸4

 兵庫県姫路市五軒邸4の喫茶店「ラーフ・ウッド喫茶すずらん」で月に1度、聴覚障害者から手話を習ったり、手話で交流したりする会が開かれている。生まれて間もなく聴覚を失った店長の野村晴美さん(71)=加古川市=の元に、聞こえない人が県内外から集まるようになり、聞こえる人との交流が広がった。参加する人は「『生きた手話』を学ぶことができる」と親睦を楽しんでいる。

 同店は2016年1月、NPO法人「ラーフ・ウッド福祉会」(姫路市河間町)が開いた。同福祉会の障害者就労訓練事業所を利用していた野村さんが「夢だった喫茶店をやってみたい」と申し出たのがきっかけだった。開店後、聴覚障害者同士や聞こえる人が交流する場となった。

 交流会は同年6月から始まり、初心者から上級者まで15~20人が集う。聞こえる人と聞こえない人が隣り合って座り、上級者が手話通訳しながら2~3時間ほど雑談する。野村さんの友人で、元伊丹ろうあ協会会長の山田幸夫さん(71)=明石市=が進行役を務める。

 山田さんは「『ありがとう』は相撲の力士が懸賞金を受け取る時に手刀を切る動作に由来する」「手話にも方言がある」などと説明。教わった客の男性(40)は説明に目を丸くして「いつか市の講座にも通ってみたい」と話した。

 手話通訳士を目指す女性(26)=姫路市=は「ここではろう者の皆さんも一生懸命聞こうとしてくれるので、手の動きだけでなく表情や身ぶりにも気合が入る」と話す。

 山田さんは「楽しく会話をしながら、手話やろう文化の理解を深めてもらえれば」と思いを込める。

 同店の営業は午前8時半~午後3時半。日・月曜休み。次回の交流会は12月15日午後3時半から。ラーフ・ウッド福祉会TEL079・283・5222

(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ