姫路

  • 印刷
ミニブタがイノシシの代役を務めた引き継ぎ式=姫路セントラルパーク
拡大
ミニブタがイノシシの代役を務めた引き継ぎ式=姫路セントラルパーク

 師走を目前に控えた22日、近づく新年に向けて、姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市豊富町神谷)では、本物の動物が登場する干支の引き継ぎ式があった。

 姫路セントラルパークの干支の引き継ぎ式は毎年の恒例行事だが、園内で来年の干支の亥(い)=イノシシ=を飼っていないため、イノシシを家畜化した動物である豚を代役に抜擢。ミニブタの「セン」(2歳)がステージに上がった。

 今年の干支の戌(いぬ)は、大型犬グレート・ピレニーズの雄「茶々丸」(2歳)が登場した。あかつき保育園の5歳児24人やお城の女王の今井咲希さん(20)が見守る中、ミニブタがくす玉割りを披露した。

 その後、今井さんが「スポーツ界では大坂なおみ選手や羽生結弦選手が大活躍したワンダフルな1年でした」と振り返り、「来年は目標に向かって猪突猛進頑張りましょう!」とメッセージを読み上げた。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ