姫路

  • 印刷
銀馬車かぼちゃを使って調理する参加者=姫路市十二所前町
拡大
銀馬車かぼちゃを使って調理する参加者=姫路市十二所前町

 日本遺産・銀の馬車道の象徴として栽培が進められている表面が白い「銀馬車かぼちゃ」を使ったおせち料理教室が21日、兵庫県姫路市十二所前町の関西電力姫路支社であった。市内の主婦ら20人が煮物など約10品を作り、試食を楽しんだ。

 中播磨県民センターが主催。銀馬車かぼちゃは銀鉱石をイメージさせる白いカボチャで、2018年から「伯爵」という品種を中心に姫路市や神河、福崎、市川町の農家が栽培する。

 この日は、県内外で料理教室を開く明石理香さん(51)が講師を務めた。2センチ角に切って10分間煮た銀馬車かぼちゃと、5センチ幅に切って電子レンジで加熱したリンゴを合わせたきんとんなどの作り方を紹介した。

 試食した姫路市城見台の主婦の女性(63)は「さっぱりした甘みでおいしい。早速今年のおせちに取り入れたいです」と笑顔で話した。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ