姫路

  • 印刷
本番に向けて合同練習する和太鼓グループのメンバー=姫路市四郷町山脇
拡大
本番に向けて合同練習する和太鼓グループのメンバー=姫路市四郷町山脇

 兵庫県内七つの和太鼓グループが出演する「兵庫和太鼓フェスティバル」が1月6日、姫路市総社本町の市民会館で開かれる。フィナーレに全グループで打ち鳴らす曲「山海」の練習に、メンバーが汗を流している。

 兵庫和太鼓の会主催。フェスティバルに参加するのは、芸能集団天魁(姫路市)▽和太鼓衆潮舞(同)▽播州奈幸子太鼓鼓欣衆(加古川市)▽玄龍太鼓(豊岡市)▽おおや和太鼓衆綺羅星(養父市)▽長田の宮神撫太鼓研究会(神戸市)▽神戸なかよし太鼓(同)。

 但馬と播州のグループが2016年、豊岡市で行われた和太鼓フェスティバルで共演した縁で実現した。

 公演では、各団体の演奏披露に続き、7団体がそろって「山海」に臨む。大中小の太鼓の音色を組み合わせて力強いリズムを生み出す。

 姫路市でこのほど合同練習会が開かれ、作曲者の和太鼓奏者政本憲一さん(38)は「海や山がある古里のイメージで作った。日本海と瀬戸内海に挟まれた兵庫にうってつけ」と語る。

 和太鼓衆潮舞の代表三木久明さん(47)は「県内のグループが集まることはあまりないこと。息を合わせて県政150周年を盛大に祝いたい」と意気込んだ。

 開演は午後1時半。入場無料。兵庫和太鼓の会TEL090・3710・2981

(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ