姫路

  • 印刷
姫路城から出火したと想定して行われた総合訓練=姫路市本町
拡大
姫路城から出火したと想定して行われた総合訓練=姫路市本町

 26日の文化財防火デーを前に、兵庫県姫路市本町の世界文化遺産・国宝姫路城で25日、火災を想定した消防訓練があった。市消防局や姫路署などから約100人が参加し、初期動作や連携体制を確認した。

 訓練は大天守の4階から出火し、外国人を含めた観光客数名が逃げ遅れたと想定して実施された。

 城内に火災を知らせる警報が鳴り響くと、自衛消防隊員らがメガホンで避難を誘導。外国人には英語が堪能なスタッフや救急隊員が対応に当たった。負傷程度を判断し治療の優先順位を決める「トリアージ」も実施された。

 市消防局の山岡史郎局長は「姫路のシンボルである姫路城を守れるよう力を合わせ、連携を図ってほしい」と講評した。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ