姫路

  • 印刷
真剣な表情で札を取り合う参加者=姫路市山野井町
真剣な表情で札を取り合う参加者=姫路市山野井町

 小中高生が腕を競う百人一首かるた取り大会が27日、兵庫県姫路市山野井町の姫路文学館であった。播磨各地から約110人が参加。読み手の声に耳を澄ませ、素早い反応で札を取り合った。

 開館以降、毎年開催している恒例行事。百人一首を題材にした漫画や映画の影響で、参加者は近年、増加傾向にあるという。大会は年齢に関係なく数人ずつのグループに分かれ、札を整列させない「ちらし取り」のトーナメント形式で順位を競った。

姫路の最新