姫路

  • 印刷
イベントをPRする岩井靖夫実行委員長(右端)や「はくしょん大魔王」ら=姫路市下寺町
拡大
イベントをPRする岩井靖夫実行委員長(右端)や「はくしょん大魔王」ら=姫路市下寺町

 アニメやコスプレなどをテーマにした「ひめじSubかる☆フェスティバル」(同実行委員会主催)が2月10、11日、兵庫県姫路市本町の大手前公園をメイン会場に開かれる。4回目で初めての2日間開催。コスプレーヤーの撮影やアイドルライブ、全国のハンバーガーが食べられる催しなど、多彩な企画が楽しめる。

 サブカルチャーで姫路を盛り上げようと、姫路商工会議所青年部が中心となって2016年に始めた。前回は1日だけで約2万5千人が集まった。今年も約500人のコスプレーヤーが参加予定で、姫路城や好古園、播磨国総社などで撮影できる。2カ所のステージでは地元アイドルのライブがあり、姫路で花魁文化にちなんだショーを開いている「劇団JUGEM(じゅげむ)」が司会を務める。

 大手前公園には車体にアニメキャラクターを描いた「痛車」が2日間で200台並ぶ予定。全国のバーガーショップ20店舗以上が人気を争う「姫路バーガー博覧会」には、タツノコプロ公認のユーチューバー「はくしょん大魔王」も出店者として参戦する。

 両日とも午前10時~午後4時半。入場無料。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ