姫路

  • 印刷
郡市区対抗駅伝に出場する(左から)湯河獅子さん、虎太郎さん、龍平さん=市川町西川辺
拡大
郡市区対抗駅伝に出場する(左から)湯河獅子さん、虎太郎さん、龍平さん=市川町西川辺

 3日に兵庫県加古川市の加古川河川敷で開かれる「兵庫県郡市区対抗駅伝競走大会」に、神崎郡の男子代表として、市川町在住の中高生3兄弟が出場する。いずれも選考会を突破しての初舞台。指導者が「こんなん初めてちゃうか」と驚けば、当人たちも「ただでさえ貴重な経験なのに、まさかの顔ぶれ」と照れるが、「楽しんでいい結果につなげたい」と、士気を高める。

 神崎郡男子は1部(前年総合10位以内)で3年連続出場した強豪だが、2018年は総合16位と苦しんだ。今年は2部(同11~20位)での優勝と、1部返り咲きを狙う。

 浮上の鍵を握るのが、初めての加古川路に挑む市川町西川辺在住の湯河3兄弟だ。姫路西高校2年の長男虎太郎さん(17)、市川中3年の次男龍平さん(15)、同1年の三男獅子さん(13)。虎太郎さん、龍平さんは昨年の大会では補欠だった。今大会に向けた2回の選考会では2人が念願のオーダー入りを射止めただけでなく、獅子さんも好成績で滑り込んだ。

 市川中には陸上部がなく、龍平さんと獅子さんは地元の「スポーツクラブ21せか」で練習に励む。学校の部活動に比べてレースの出場機会が少ないといい、龍平さんは「大会で走れるのが楽しみでしかたない」。

 神崎郡男子監督の段床繁雄さん(68)は「お互いが心の支えになるはず。気負わずに走ってくれたら、結果はついてくる」と期待。獅子さんは「兄弟とか、あまり意識せずに」と冷静に構え、虎太郎さんは「みんなが役割を果たして、チームの推進力になれたらいい」と、力を込める。(井上太郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(3月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ