姫路

  • 印刷
設立会見を行った「Stage-Oh!」のメンバー=姫路市本町(撮影・森本尚樹)
拡大
設立会見を行った「Stage-Oh!」のメンバー=姫路市本町(撮影・森本尚樹)

 姫路の演劇シーンを盛り上げようと、演劇振興団体「Stage-Oh(ステージ・オー)!」が誕生した。ワークショップや定期公演に加え、地元発のコンテンツづくりを目指して兵庫県姫路市に脚本賞の設立を働きかける。6日、同市本町のイーグレひめじで設立発表会があり、メンバーらが「市民と協力し、演劇をより身近に感じてほしい」と意気込みを語った。

 同団体は昨年12月、姫路市内外の会社員や大学生ら11人で結成された。主な事業に位置付けるのが演劇作品のプロデュースで、作品ごとのオーディションで出演者やスタッフを集める。「若手役者を育てるため、従来のアマチュア劇団とは一線を画する形態を取った」とメンバーで事務局長を務める深谷知靖さん(42)=定時制高校講師=は説明する。鑑賞は無料で、観客からのカンパを出演者らへの謝礼に充てる。

 第1回公演は4月、漫才コンビ「キングコング」の西野亮廣さんが書いた小説「グッド・コマーシャル」を地元在住の高校演劇指導者が脚色・演出し、上演する。立てこもり犯と人質、交渉人の3人が織りなすコメディー劇。

 また設立を目指す脚本賞は姫路出身の演出・脚本家鄭義信さんに続く人材発掘が狙い。「脚本に与える賞は全国的に少なく、秀作が出れば全国で上演できる。姫路の演劇シーン全体の大きな起爆剤になり得る」という。その他、小中学校に出向く演技指導のワークショップや常設芝居劇場の開設など、幅広く事業を展開する予定だ。

 「グッド・コマーシャル」は姫路キャスパホール(同市西駅前町)で4月5日午後6時、6日同1時、同6時半の3回上演。無料。問い合わせは同団体TEL050・3419・4656

(伊田雄馬)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ