姫路

  • 印刷
臨時職員時代以来、約20年ぶりに姫路市役所記者室へ新曲PRのために訪れた城山みつきさん。当時の業務だった新聞スクラップのポーズで=姫路市役所
拡大
臨時職員時代以来、約20年ぶりに姫路市役所記者室へ新曲PRのために訪れた城山みつきさん。当時の業務だった新聞スクラップのポーズで=姫路市役所

 「記者室の空気がきれい。昔はたばこの煙がもうもうと立ち込めてました」。兵庫県姫路市出身の演歌歌手、城山みつきさん(本名・堀川美智子)は笑みをこぼした。1990年代後半、姫路市役所の臨時職員として記者室に勤務。このほど約20年ぶりに懐かしの記者室を再訪、あでやかな着物姿で新曲「雨、あがる/富姫」を宣伝した。

 当時、市職員で結成したバンドでボーカルを務めていたものの、プロの歌手を目指すなど及びもつかなかった。記者は締め切りに追われていると声を掛けづらく、新聞記事の切り抜き方を間違えて怒られたこともあった…と聞くと、なんだか時を越えて申し訳ない気持ちになる。今は禁煙ですし、お茶ももちろん自分でいれてます。

 その後、NHKのど自慢大会で優勝し、会社勤めをしながらレッスンを受け、2015年5月に歌手デビュー。姫路城や書写山から取った芸名で、関西各地でイベントにゲスト出演している。3枚目のシングル「富姫」も姫路城にまつわる恋物語。城の天守閣でプロモーションビデオを撮影した意欲作だ。「記者室は母校に戻ったような感じ」。また帰って来てください。(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 11℃
  • 3℃
  • 0%

  • 12℃
  • -2℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 0%

  • 13℃
  • 1℃
  • 0%

お知らせ