姫路

  • 印刷
ボルダリングパネルの取り付けイメージ(壁紙屋本舗提供)
拡大
ボルダリングパネルの取り付けイメージ(壁紙屋本舗提供)
ボルダリングパネルの取り付けイメージ(壁紙屋本舗提供)
拡大
ボルダリングパネルの取り付けイメージ(壁紙屋本舗提供)
ボルダリングが楽しめるインテリア建材を開発した住+の駒田良和社長=姫路市西中島
拡大
ボルダリングが楽しめるインテリア建材を開発した住+の駒田良和社長=姫路市西中島

 近年人気が高まるスポーツクライミングの一種「ボルダリング」のように壁を登ることができる新たな内装建材を、兵庫県姫路市の建材店「住+(じゅうたす)」などが開発した。既存の内壁に貼り付けられるパネルで、色とりどりのホールド(突起物)をインテリアに生かしたデザインが特徴。同社は「強度も高く、実際に登って遊んでほしい」とPRする。

 東京五輪の正式種目に初採用されたスポーツクライミングは、ホールドを伝って人工の壁を登る競技。その中で最も気軽に楽しめるボルダリングは、市民スポーツとしても親しまれる。

 同社の駒田良和社長(49)がイベントで、集客用にホールド付きパネルを展示したのが開発のきっかけ。人気ぶりに壁紙のネット販売を手掛ける「壁紙屋本舗」(大阪市)が目を付け、商品化を提案したという。

 「いかにしてインテリア建材として売るか考えた」と駒田社長。ボルダリングの「壁」となるパネルは一般的な住宅の規格に合わせ、既存の壁にそのまま貼り付けられるようにした。材料も強度のある合板を使用。カラフルなホールドを好きな位置に固定でき、大人でも登ることができる。

 ボルダリング未経験だった駒田社長も昨年12月に初めて挑戦し、「考えながらルートを選ぶゲーム性があって面白かった」。東京のクライミングジムの監修も受けながら開発を進め、2月に完成にこぎ着けた。

 先行して壁紙屋本舗のサイトで販売したところ、個人以外にも事業者から店舗のインテリア用に購入を検討する問い合わせが多く入ったという。180センチ×90センチ大(厚さ18ミリ)1万7280円(税込み)など。住+での発売は4月上旬を予定。同社TEL079・285・0004

(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 30℃
  • 24℃
  • 40%

お知らせ