姫路

  • 印刷
13年ぶりの全国大会へ意気込む選手ら=姫路市役所
13年ぶりの全国大会へ意気込む選手ら=姫路市役所

 29日に岐阜県で開幕する「春季全日本小学生女子ソフトボール大会」に出場する姫路プリンセス(兵庫県姫路市)の選手ら14人が市役所を訪れ、大会での健闘を誓った。また、同チームの2人が全日本選抜に選ばれ、21日にオーストラリアで始まる国際親善大会に参加する。

 姫路プリンセスには同市と宍粟市の女子児童が所属。昨年11月の県予選で準優勝し、13年ぶり4回目の全国切符をつかんだ。大会には3~5年生で臨む。石見利勝市長に激励を受けた網干小5年の山田夏美主将(11)は「このメンバーで全国に行けてうれしい。練習や試合になると集中できるのが強み」と力を込めた。全日本に選ばれた伊勢小6年の増田佳帆さん(12)は「守備を頑張って、代表でレギュラーに入りたい」と意気込んだ。

姫路の最新
もっと見る

天気(3月20日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ