姫路

  • 印刷
高機能金属粉末を使って製造された姫路城の模型=姫路市役所
拡大
高機能金属粉末を使って製造された姫路城の模型=姫路市役所
石見利勝市長(左)に姫路城の模型について説明する樋口真哉社長=姫路市役所
拡大
石見利勝市長(左)に姫路城の模型について説明する樋口真哉社長=姫路市役所

 山陽特殊製鋼(兵庫県姫路市飾磨区中島)はこのほど、金属用の3Dプリンターで製作した姫路城の模型を市に寄贈した。材料には同社が独自に開発した「高機能金属粉末」を使用。樋口真哉社長は「世界遺産の姫路城のように、技術開発で高みを目指すという決意を込めた」と製作への思いを語った。

 同社は県内屈指の鉄鋼メーカー。複雑な形状の造形や一体成型が可能な3Dプリンターにも対応した金属粉末を開発し、航空機材などに使用されている。

 今回はものづくり都市のPRに役立ててもらおうと寄贈を決定。別のミニチュア模型をスキャンしたデータを基に造形し、高さ約20センチ、重さ18キロの姫路城模型を完成させた。大天守や小天守が重厚な輝きを放ち、瓦やしゃちほこも精巧に再現されている。

 この日は樋口社長や役員らが市役所を訪れて模型を寄贈した。同社は兵庫県立大姫路工学キャンパス(同市)に開設される「金属新素材研究センター」でも研究に参加し、3Dプリンターを活用した技術開発に産学連携で取り組むという。

 柳谷彰彦専務は「地元の中小企業から出てくる多様なニーズに応えながら技術の応用を図っていきたい」と話した。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ