姫路

  • 印刷
楽しい学校生活を願っておはらいを受ける子どもら=姫路市総社本町
拡大
楽しい学校生活を願っておはらいを受ける子どもら=姫路市総社本町

 今春、小学校入学の子どもが健やかな毎日を過ごせるよう願う「勧学祭」が31日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で初めて開かれた。氏子5校区の親子ら約100人がおはらいを受け、新生活に希望を膨らませた。

 この日は、赤や黒のランドセルを背負った子どもたちが本殿に並んで正座。西本和俊宮司は祝詞を唱えた後、一人一人の名前が書かれた名簿を掲げた。巫女は舞を披露し、鈴を振っておはらいをして回った。西本宮司は「元気に学校に通って。ケンカはしないように」と笑顔で語り掛けた。

 白鷺小中学校に入学する男児(6)は「プールの授業が楽しみ。宿題を忘れないようにしたいな」。母親(32)は「友達と一緒に今まで通り明るく過ごしてほしい」とほほ笑んだ。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ