姫路

  • 印刷
青色に浮かび上がった姫路城=2日午後7時ごろ、姫路市本町
拡大
青色に浮かび上がった姫路城=2日午後7時ごろ、姫路市本町
青色に浮かび上がった姫路城=2日午後7時ごろ、姫路市本町
拡大
青色に浮かび上がった姫路城=2日午後7時ごろ、姫路市本町

 国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)がイメージカラーの青色にライトアップされた。自閉症や発達障害に関する理解を広めようと、啓発に取り組む市民有志が実行委員会を設けて毎年実施している。

 自閉症は先天的な要因により対人関係やコミュケーションを苦手とする障害。JR姫路駅北の駅前広場では日中から音楽ライブやアートイベントがあり、ミニチュアの姫路城に映像を投影するプロジェクションマッピングも初めて行った。日没とともに鮮やかな青色の大天守が闇夜に浮かび上がると、観光客や通行人らが足を止めて見入った。

 青い服に身を包んだ市民らは横断幕などを掲げて駅前から姫路城までパレードし、障害への理解を呼び掛けた。実行委員長の大野英明さん(63)は「自閉症は外見だけでは分かりづらい障害。いろいろな形で啓発に取り組んでいきたい」と話した。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ