姫路

  • 印刷
大喜利の回答を募るバス車内のデジタルサイネージ=姫路市本町
拡大
大喜利の回答を募るバス車内のデジタルサイネージ=姫路市本町

 「このバス、ゴージャスやなあ。どんなバス?」。神姫バスグループの広告代理店「神姫クリエイト」(兵庫県姫路市北条)がバス車内のデジタルサイネージ(電子看板)で大喜利を始めた。乗客から回答を募り、面白い作品を放映する。同社は「賞品はありませんが、奮って応募してほしい」と呼び掛けている。

 同社はバスのラッピング広告や車内広告を手掛け、近年は動画媒体にも力を入れる。電子看板はバスの座席前方に設置し、約20分間枠でニュース、スポーツ情報、大学や金融機関の広告などを放映。大喜利は、視聴率を高めつつ、広告を見る年代層の把握にもつなげようと企画した。

 お題を車内で発信し、同社ホームページの応募フォームから回答を寄せてもらう。今月1日から市内や明石市を走る路線バス、神戸市へ乗り入れる高速バスで流したところ、10日ほどで通学で利用する学生を中心に100件以上の回答が集まった。「降車ボタンを押すとファンファーレが鳴り響く」「叶姉妹が乗っている」などユニークな答えが寄せられているという。

 「SNS(会員制交流サイト)で話題になれば」と企画した同社営業課の西本卓児さん(31)。回答は「社員の独断と偏見で」(西本さん)選び、優秀作2~3点を5月から放映する。

 最後に記者も。「ゴージャスやなあ。どんなバス?」-。「整理券が金のライオン像の口から出てくる」。どうでしょう。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ