姫路

  • 印刷
鮮やかに咲く赤いアネモネを育てる高見とも子さん=姫路市夢前町山之内
拡大
鮮やかに咲く赤いアネモネを育てる高見とも子さん=姫路市夢前町山之内

 赤色のアネモネの花が、兵庫県姫路市夢前町山之内の民家の庭で鮮やかに咲き誇っている。同町に別宅を持つ同市在住の高見とも子さん(71)が、近くの知人の庭を借り受け、1年かけて約100株を育てた。庭を公開するイベント「オープンガーデンなかはりま」に参加し、19~21日に一般公開する。

 高見さんが雪彦山麓の豊かな自然に惹かれて別宅を建てたのは2000年。当時周辺ではアネモネの育成が盛んで「毎春、赤い絨毯を敷き詰めたように咲いた」という。

 しかし、過疎化が進み、10年ほど前からアネモネを育てる民家はなくなった。寂しく思った高見さんは昨年5月、近くの民家に住む知人に約50平方メートルの庭を借り、アネモネ復活プロジェクトを始めた。

 自宅から週3回通い、庭を耕し、以前咲いていたアネモネの苗や球根を見つけてはスコップで掘り起こして移植した。大雪や野生動物に悩まされながらも、夫や友人の助けを得て作業を続け、先月中旬頃に初咲きを迎えた。

 「雪彦山を彩るアネモネの風景を守りたかった。これからも作業を続けたい」と高見さんは話す。観賞は午前10時~午後4時。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 50%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 34℃
  • 26℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ