姫路

  • 印刷

 21日に投開票を迎える兵庫県姫路市長・市議。姫路市長選は24年ぶりの新人対決。有権者の関心が高まり、投票率の下落傾向に歯止めがかかるのか、注目が集まる。(井沢泰斗、敏蔭潤子、松本茂祥、井上太郎)

 市長選では1999年に58・41%と6割を初めて切ると、現職の石見利勝氏が初当選した2003年も58・03%と停滞。07年の無投票を経て、11年には5割を下回った。現職と新人の一騎打ちとなった15年の前回は、過去最低の47・45%を記録した。

 今回は現職の引退により16年ぶりに新市長が決まる。19日までの期日前投票(市長選)は4万1543人と前回選同期間の約1・14倍で、市選挙管理委員会や各候補者は投票率アップを期待する。

 市長選と投票率がほぼ同じの市議選も定数を10人上回る57人が立つ激戦となり、投票率の押し上げが期待される。

姫路の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ