姫路

  • 印刷
銀馬車かぼちゃの苗を植える児童たち=神河町粟賀町
銀馬車かぼちゃの苗を植える児童たち=神河町粟賀町

 兵庫県の飾磨港と生野鉱山を結ぶ明治期の産業道路で日本遺産の「銀の馬車道」にちなんだ「銀馬車かぼちゃ」の栽培が、同県神崎郡3町で始まった。21日に神河町粟賀町の畑で、近くの神崎保育園、神崎小学校の子どもたち約90人が苗を植えた。8月中旬に約3千個の収穫を見込み、姫路市を含む沿線のイベントや飲食店、JA兵庫西の農産物直売所などで加工、販売される。

 沿線自治体や企業でつくる「銀の馬車道ネットワーク協議会」が、ほぼ現存しない馬車道をPRするために昨年始めた。シンデレラの「かぼちゃの馬車」から「馬車かぼちゃ」を連想し、銀鉱石の色を思わせる白皮の品種「伯爵」を選んだ。甘くて菓子の加工に向く▽栽培期間が短い▽国産の収量が不足気味で採算性が高い-という利点を生かし、3年間で特産化を図る。

姫路の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 40%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

お知らせ