姫路

  • 印刷
日本代表戦の勝敗を占うピンポン球に飛びつくコツメカワウソのチップ=姫路市豊富町神谷(姫路セントラルパーク提供)
拡大
日本代表戦の勝敗を占うピンポン球に飛びつくコツメカワウソのチップ=姫路市豊富町神谷(姫路セントラルパーク提供)

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の日本-アルゼンチン戦(日本時間11日未明)を前に、姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市豊富町)で8日、コツメカワウソやミニブタ、インコがそれぞれ勝敗を予想した。ミニブタはアルゼンチンの勝利と占った一方、カワウソとインコは日本の勝ち。同パークの職員が「2対1で日本が初戦を突破する」と説明すると、見守った来場者から笑みがこぼれた。

 W杯のたびに行われる人気企画で、カワウソの「チップ」は18年の男子W杯で4試合中3試合の予想を外した大物。チップは糸にぶら下がった日本とアルゼンチンのピンポン球に対し、迷わず日の丸に飛びついた。ミニブタは鼻先でアルゼンチンへゴール。インコはくちばしで日本ゴールへボールを運んだ。

 予想を見つめた姫路市の女性(31)は「チップはピンポン球に飛びつくのが待ちきれない様子でかわいかった。日本勝利の予想を当ててほしい」と話した。動物による勝敗予想はすべての日本代表戦で行われる。同パークTEL079・264・1611

(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ