姫路

  • 印刷
「レモネードスタンド」の開催をPRする増田さん=姫路市白銀町
拡大
「レモネードスタンド」の開催をPRする増田さん=姫路市白銀町

 子どもや若者世代のがん啓発を目的としたチャリティーイベント「レモネードスタンド」が22、23日、兵庫県姫路市本町の医療美容室ソワメーム前で開かれる。市内の医療美容師らがレモネードを販売し、収益をがん患者の支援団体に寄付する。姫路ゆかたまつりに合わせて3年前から毎年行われているイベントで、医療系専門学生やがん患者、外国人観光客なども協力し、徐々に支援の輪を広げている。

 活動は、小児がんの米国人少女と家族が自宅の庭でレモネードを販売し、小児がん治療薬の研究費として寄付したことがきっかけ。少女は8歳で亡くなったが、小児がん患者を支援するチャリティー活動として、世界中に広がった。

 同市白銀町の医療美容室「レゴリス メディカルビューティー」の美容師増田榮子さん(50)が活動を知り、2016年に初めて企画した。例年、販売開始後すぐに売り切れることから、昨年の2倍の500本を用意。1本200円で販売する。収益は新薬の開発費や副作用に悩む子どものウィッグ代などに役立てられる。

 増田さんは「継続することに意味がある。活動を通してさらに輪が広がれば」と話す。販売は2日間とも午後3~9時。レゴリスTEL079・288・2808

(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ