姫路

  • 印刷
「令和の白壁」の完成予定図
拡大
「令和の白壁」の完成予定図
中庭に完成した庭園「弥生の庭」=姫路市本町
拡大
中庭に完成した庭園「弥生の庭」=姫路市本町

 姫路東高校(兵庫県姫路市本町)の創立110周年記念事業で、校舎の西と南側の道路沿いに全長130メートルの武家屋敷風の壁が建設される。9月末頃までに完成予定で、「令和の白壁」と名付けて城下町の雰囲気をよみがえらせる。

 同校の卒業生や教職員、PTAらでつくる記念事業実行委員会が5月初旬から建設。事業費は約7千万円で、卒業生や県の「ふるさとひょうご寄附金」などからの寄付金を充てた。

 姫路城の「平成の大修理」でも使われた高砂の竜山石で石垣を組み、鉄筋コンクリートの壁を白く塗装する。高さは1・6~2・4メートル程度で、上部に淡路産いぶし瓦をあしらう。

 記念事業では3月末にも、同校内の中庭に本格的な庭園「弥生の庭」が完成。好古園の「お屋敷の庭」を手掛けた造園業者に依頼し、芝生だった約480平方メートルにソメイヨシノや山桜、紅葉などを植えた。

 記念事業実行委の山野俊二会長(73)は「世界遺産・姫路城にマッチした周辺の景観に貢献できればうれしい」と話す。庭の見学は事前に同校TEL079・285・1166まで。

(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ