姫路

  • 印刷
慰霊塔の「根元」にしつらえられた御霊室=姫路市西延末
慰霊塔の「根元」にしつらえられた御霊室=姫路市西延末

 姫路市平和資料館(兵庫県姫路市)によると、姫路は1945(昭和20)年6月22日と7月3~4日の2度にわたって空襲の被害を受け、514人が亡くなったとされる。犠牲者の一部を載せた名簿が、手柄山中央公園に立つ慰霊塔にひっそりとまつられている。

 高さ約27メートルの慰霊塔は1956年、当時の姫路市長、石見元秀氏が、戦災を受けた全国113市町に呼び掛けて建立。剣が地中深く突き刺さった造形が「不戦の誓い」を表している。

姫路の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ