姫路

  • 印刷
小説集「追憶」をまとめた北山眞佐子さんと写真を担当した夫の直一さん=姫路市
小説集「追憶」をまとめた北山眞佐子さんと写真を担当した夫の直一さん=姫路市

 文芸同人誌「播火」で執筆活動を続ける北山眞佐子さん(72)=兵庫県姫路市=が、小説集「追憶」を出版した。令和という新時代の始まりに際し、平成の間に書いた3作品をまとめた。妻と半別居状態にある男が、幼時に死別した実父の影を追い始める表題作など、多様な家族のありようを映し出している。

 北山さんは元看護師で、1997年から同誌に参加。当初は父親の老いに向き合ったエッセーを書いていたが、みとった後の2001年頃から小説へと幅を広げた。05年にアングラ文学賞佳作に入選。著書に小説「川は流れて」(08年)、エッセー集「追い風」(11年)がある。

姫路の最新
もっと見る