姫路

  • 印刷
用意された壇上から降り、生徒と同じ高さで語り掛けた吉田正樹さん=姫路市峰南町
拡大
用意された壇上から降り、生徒と同じ高さで語り掛けた吉田正樹さん=姫路市峰南町

 「SMAP×SMAP」などのヒット番組を制作し、現在はワタナベエンターテインメント会長を務める兵庫県姫路市出身の吉田正樹さん(59)が3日、広嶺中学(同市峰南町)で講演した。「ヒットの創り方」と題し、全校生約470人に発想力の養い方を伝授した。

 吉田さんは県立姫路西高、東大法学部を卒業。フジテレビに入社し、「笑っていいとも!」「夢で逢えたら」などのバラエティー番組に携わってきた。講演会は、同中学の青田久昭校長と高校の同級生だったことから実現した。

 講演では自らの中学時代と重ね、「今の生活に不満があるでしょ。それが一番の原動力。怒りのエネルギーをいっぱいためるといい」と鼓舞。「好きなことを早く見つけた人が勝ち。歴史に学び、世界に目を向けてください」と語り掛けた。

 生徒からも活発に質問があり、「AI(人工知能)時代を生き残るには?」と聞かれると、「人間の感情に訴えるアートの分野は廃れない。音楽や芸術を目指す人が勝つ」と応じていた。(平松正子)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ