姫路

  • 印刷
激しい投げの打ち合いなど熱戦が続いた=網干南公園相撲場
拡大
激しい投げの打ち合いなど熱戦が続いた=網干南公園相撲場

 中播地区中学校総合体育大会は7日、兵庫県姫路市内などで5種目があり、生徒らが熱戦を繰り広げた。網干南公園相撲場(同市網干区)で行われた相撲競技では、激しい攻防に観客から歓声が上がった。

 相撲競技は、団体3人制▽同5人制▽個人-の3区分で実施。県大会へ進める上位入賞を目指し、姫路市立の4校から11人が参加した。

 個人戦は、出場者が総当たりで対戦。低い姿勢でぶつかったり、引きつけて一気に前に出たり、個性を生かした取り組みが続いた。

 がっぷり組み合う力のこもった一番には、観客から拍手が起こり、「前出ろ、前」「頑張れ」などの声が飛んだ。10戦全勝で優勝した灘中学校3年の岸本高羅君(14)は「取り組み前に遠くを見つめてリラックスしたのがよかった」と笑った。(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ