姫路

  • 印刷
プレゼントされた氷に頬を寄せるホッキョクグマのホクト=姫路市本町
拡大
プレゼントされた氷に頬を寄せるホッキョクグマのホクト=姫路市本町

 1年で最も暑い日とされる「大暑」の23日を前に、姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)のホッキョクグマの雄ホクトに21日、重さ135キロの氷柱3本がプレゼントされた。多数の家族連れが見つめる中、ホクトは氷柱に頬ずりしたり、前足でもてあそんだりして、ひとときの涼を楽しんだ。

 1973年から続く恒例行事で47回目。市内の製氷会社「日興営業所」が毎年プレゼントしている。ホクトはロシア生まれの18歳で、16年間一緒に暮らした雌ユキ(19歳)が3月に秋田県の水族館に移ったため、今年は3本の氷柱を独占し、思う存分に戯れた。

 その様子を見守った男児(7)=同市=は「かっこいいし、気持ち良さそうだった」と喜んでいた。(森本尚樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ