姫路

  • 印刷
宇山誠・福崎署長(右)にはがきを手渡すセキスイハイム山陽の玉岡昌樹さん=福崎町福崎新
拡大
宇山誠・福崎署長(右)にはがきを手渡すセキスイハイム山陽の玉岡昌樹さん=福崎町福崎新

 兵庫県警福崎署管内の特殊詐欺被害を防ごうと、地元企業らが啓発文を印刷した「かもめ~るはがき」6500枚を同署に寄贈した。はがきは神崎郡3町の高齢者宅に配られた。

 同署管内(福崎、市川、神河町)では2018年に4件計約930万円の特殊詐欺被害が発生している。

 同署と防犯協定を結ぶ住宅メーカー「セキスイハイム山陽」(姫路市)が3千枚▽3町の企業33社でつくる神崎郡企業防犯協力会が2千枚▽福崎防犯協会が1500枚-のはがき代と印刷代(1枚につき計75円)を負担した。裏面に主な詐欺の手口や相談窓口の連絡先をイラスト付きで紹介し、表書きに広告を載せる。

 同署であった贈呈式で、セキスイハイム山陽顧問の三浦敏行さん(68)は「高齢者の、虎の子の大金が詐取される悲惨な事件がなくなってほしい」と述べた。(井上太郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ