姫路

  • 印刷
「ばばばあちゃん」の衣装で記念写真を撮るファンら=姫路市山野井町
拡大
「ばばばあちゃん」の衣装で記念写真を撮るファンら=姫路市山野井町

 姫路文学館(兵庫県姫路市山野井町)で開催中の絵本展「ばばばあちゃんと遊ぼう!」に、登場人物にふんして見に行く動きがファンの間で広がっている。赤いスカーフにエプロン、おだんご頭のばあちゃんが現れると、子どもたちも大喜びだ。

 「ばばばあちゃん」は絵本作家さとうわきこさんが1970年代に発表した人気シリーズ。同館では「せんたくかあちゃん」など他のさとう作品も含め、約150点の原画などを展示している。

 コスプレ姿での来場は同市内の主婦、小林順子さんの呼び掛けで始まった。絵本の読み聞かせボランティアをしている小林さんは、従来の展覧会にも独自の扮装で来ていたが、今展をより盛り上げようと仲間を募ったところ、次第に輪が広がったという。

 ばばばあちゃんの衣装をまねた女性たちに交じり、「せんたく-」に出てくるかみなり小僧の格好をした男性の姿も。一行は展示を見た後、ばあちゃんのパネルと記念撮影などをして楽しんでいた。小林さんは「次々に新しい遊びを編み出すばばばあちゃんみたいに、自由な扮装で来てほしい」と笑った。

 同展は9月1日まで。館内にもボランティアスタッフが作った「ばばばあちゃん」変身セットがある。同館TEL079・293・8228

(平松正子)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ