姫路

  • 印刷

 江戸後期、約73万両に上る姫路藩の負債解消にあたった家老・河合寸翁(1767~1841年)。その財政再建策の柱が江戸における木綿の専売と、藩札「木綿切手」の発行だった。

 寸翁は大坂(大阪府)の問屋経由で江戸に送っていた姫路産の木綿を、江戸に設けた拠点で直接販売することに成功。江戸の大問屋とも契約し、年間20万~30万両の売り上げがあったという。

姫路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ