姫路

  • 印刷
県選抜として出場する(左から)中山さん、内田さん、塩本さん=姫路市豊沢町
拡大
県選抜として出場する(左から)中山さん、内田さん、塩本さん=姫路市豊沢町
「チャンスでしっかり打つ」と意気込む川崎さん=姫路市夢前町神種
拡大
「チャンスでしっかり打つ」と意気込む川崎さん=姫路市夢前町神種

 愛媛県で8月2日に開幕する「NPBガールズトーナメント2019 全日本女子学童軟式野球大会」に、兵庫県の姫路・西播地域の女子児童4人が、県選抜として出場する。普段は別々の少年野球チームで練習に励む4人。「声を掛け合い、楽しみながら優勝を目指す」と張り切る。

 同県姫路市の内田愛凜鈴さん(11)=城乾小6年、塩本琴音さん(11)=荒川小6年、中山千夏さん(11)=飾磨小6年=と、同県赤穂市の川崎愛紗さん(12)=赤穂小6年。

 同大会は40都道府県から42チームが参加し、トーナメント戦で競う。兵庫県選抜は西宮や神戸、淡路市などの25人で構成。兵庫の同大会への出場は3回目で、いずれも捕手の内田さんと塩本さんは昨年も出場し、結果はベスト16だった。

 50メートル7・8秒で駆ける内田さん。打撃も好調で「どんな球でも打てる」。塩本さんは所属チームで4番を任される長打力が持ち味。「当たれば飛ぶ。ホームランを狙う」と力を込める。

 中山さんは速球が自慢の右腕。「直球勝負でたくさん三振を取りたい」。外野手の川崎さんは内野の間を抜く堅実な打撃が売りといい、「チャンスでしっかり得点したい」と意気込む。

 初戦は4日、広島と大分の勝者と対戦する。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ