姫路

  • 印刷
ファンのため、自転車をこいでかき氷を作る競輪選手=姫路市飾磨区英賀
拡大
ファンのため、自転車をこいでかき氷を作る競輪選手=姫路市飾磨区英賀

 自転車のペダルと連動する特別なかき氷機を使って作る「チャリ氷」をプロの競輪選手が振る舞うイベントが12日、兵庫県姫路市飾磨区英賀の場外車券売り場「サテライト姫路」で開かれた。参加した兵庫出身の3選手は自慢の脚で100人分のかき氷を削り出した。

 兵庫には競輪場がなく、選手とじかに触れ合う機会を提供しようと企画された。準備された特製のかき氷機は、手で回すハンドル部分と自転車の後輪をチェーンでつないで作られた。

 参加したのは西宮市出身の藤井栄二選手(28)と樫村伸平選手(31)、神戸市出身の竜門孝宗選手(33)の3人。鍛え上げられた脚や腕の筋肉を見た来場者は思わず「触っていいですか」と近づいていた。時速60キロ以上に加速する普段のレースとは違い、3人は慎重にペダルをこいで滑らかな氷を削り出した。

 姫路市内の競輪ファン(46)は「間近で見た太ももの迫力に圧倒された」とうれしそう。藤井選手は「試合で全国を飛び回っているので、地元の人から応援してもらえると力になる」と爽やかに語った。(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ